99.0キロから始めるダイエット生活

ギリギリ100キロ未満の中年男性が頑張ってダイエットしていく日記です

無駄な食事を抑えてQOLを向上させたい(ダイエット74日目)

 ダイエット74日目の体重は87.8kgでした。

f:id:amenoh:20210911232754p:plain

 

1.本日の体重と昨日の食事・運動

1-1.本日の体重

f:id:amenoh:20211008061821p:plain

 ようやく88kg台を割ってくれました。

 やっぱり停滞期に入っていたのでしょうか? チートデイを実施したことにより、停滞期を脱出したので、代謝がアップして体重減少につながった、と考えていいのかな?

1-2.昨日の食事・運動

10/7(木) 摂取カロリー:1,205kcal 糖質:77g
朝 :チーズパン、卵焼き
昼 :Lチキ
夜 :ポテトチップ
運動:なし

 昨日も同じく疲労困憊だったため運動は無し。もっといえば夜もまともに食ってないない。

 

2.本当に有意義な食事は5%

 食事は人間にとって重要ですが、その95%は無意味・無駄な食事だと思います。

 最近、食事制限をやって感じるのが「いかに無駄な食事をとっていたか」ということです。じゃあ無駄な食事って何なのかというと、惰性で食べてる昼飯のカップラーメンや、冷蔵庫にストックされたデザート、お腹は満腹だけど夕飯の時間になったから、昼飯の時間になったからと言って食べることです。

 朝昼夜に食べる食事は、本当に食べたいと思って摂取している食事でしょうか。単純に時間がきたから食べる、といったものではないでしょうか。間食もそうですね。どうしても甘いものが食べたいのか、何となく口さみしいから食べたいのか。

 そして、その際に食べるものは本当に「食べたい」と思って食べているのか、はたまたそこにあったから食べているのか・・・。

 時間がきたから、そこにあったから、という理由で惰性で食べるようなものは「無駄」だなと感じるようになりました。

 

3.有意義な食事の確率を上げていこう

 無駄な食事は取らなくていいんですよ。

 無駄な食事はその場のほんの小さな満足感を得るだけなのに、余分なカロリーを私たちの体の中に蓄えさせてしまいます。なので、そうした無駄な食事の摂取は控えて、本当に食べたい時に食べたいものを食べるという有意義な食事を増やしていくべきだと思います。

 そうすれば、食事にもしっかりとした幸せを感じるのではないでしょうか。

 

 今はまだダイエット中なので食事の自由がききませんが、無駄な食事を抑えることはできます。今後は食事における取捨選択を明確化して、QOLの向上について考えていきたいと思います。